内資系大企業

エーザイ

  1. HOME >
  2. 内資系大企業 >

エーザイ

こんにちは、PharmaValueです。今回は、「レンビマ」の今後の進捗とアデュカヌマブの申請が承認されるのかどうかに注目が集まっているエーザイ社です。かつてパリエット(アシフェックス)とアリセプトという2つのブロックバスターがエーザイの支柱でありましたが、現在まさに転換期にいる状況です。







エーザイの企業研究

エーザイの現状

エーザイの経営課題

エーザイの財務データ

各エリアの売上シェア

売上収益の推移

営業利益の推移

エーザイの主力製品

エーザイの最重要3製品

主力製品の四半期別売上推移

主力製品の中長期売上推移(グローバル予測)

会社全体からしてもレンビマとアデュカヌマブの2本頼みであることは間違いありません。しかし、レンビマは大きな副作用が出ない限りは少なくとも3000億円は売り上げることが予想されていますし、アデュカヌマブにもし承認されれば3000~5000億円程度は売り上げるのではないかと思います。そうなると2製品で6000億円程度の売上を確保できる公算となり、現在とは全く違った経営的な舵をとれると思われます。

主力製品の中長期売上推移(国内予測)

リリカとヒュミラは、無くなるのも時間の問題?

リリカ:

リリカは売上の大きい製品で、2022年に特許切れがあること、そして開発元のファイザー社が2020年以降このリリカを含める長期収載品をマイランに事業部ごと売却するので、今後のアライアンス契約がどうなるのか不透明です。そして、国内No.1の営業力を持つ第一三共が競合品を上市しました。ここからリリカの担当者は徐々に数字が減っていくのをジッと我慢する日々になります。

ヒュミラ:

加えて、こちらも導入品で依存度の高いアッヴィ社のヒュミラですが、2019年末にギリアドサイエンシズとヒュミラの競合品になり得る製品「フィルゴチニブ」の共同販促契約を締結しました。そして、このフィルゴチニブと全く同じ作用機序の製品をアッヴィも開発中なので、アッヴィ社との契約終了が近づいていると感じます。

フィコンパは、期待できない!

そして、自社開発のフィコンパです。てんかん領域の薬ですが、神経領域での営業力が日本一である大塚製薬がイーケプラという薬剤で市場を牛耳っておりましたが、それも2020年に特許切れを迎えます。このイーケプラは薬効と副作用のバランスがとてもよく唯一の弱点がその薬価でした。その薬価に関しても2020年以降は、ジェネリックが発売されますのでまず1stラインで使用されることになると思います。

そして、フィコンパと同時期に、またもや第一三共も新薬を上市し立ち上がり好調です。フィコンパの薬効は、他社製品と比べて特に優れているわけではないので、間違いなく今後も苦戦をしいられます。

エーザイのR&D

エーザイの後期フェーズ開発製品一覧

更新(2019.12.23) レンボレキサント:「DAYVIGO」 アメリカ発売!

今後の注目事項

何と言ってもアデュカヌマブ

開発製品で最も注目なのは、何と言ってもアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」だろう。今後、本当にFDAが承認するのかは不透明であるが、承認されれば売上、株価など全てにおいてポジティブインパクトを与えるであろう。

このアデュカヌマブですが、先日Biogenとエーザイが「アデュカヌマブがアルツハイマー型認知症治療薬としてブレイクスルーセラピー申請がアメリカFDAに受理さえ優先審査に指定された」と発表しました。

審査終了日は2021年3月7日:FDAはより迅速に審査を行うとしている。

気になるのはリリカの国内特許

「リリカ」の特許侵害裁判に対してファイザーと国内の後発品製薬会社で争っている内容で特許が一部無効であるという判決が下された様子。もし、後発品が参入するとなれば、ファイザーの長期収載部門とマイラン社との合併会社がAGを国内に投入可能性もある。そうなると国内のアライアンスフィーは少なくなるであろう。







エーザイの国内MRってどうなの?

エーザイの国内MRは大丈夫なのか??

エーザイの決算報告などを見てみると、素晴らしい業績が並んでいて、一見エーザイはうらやましいな、と感じる方がいるかもしれません。

決算発表に隠されている国内だけの現状とその各種コプロ製品のライセンス期間や特許情報などを紐解くと国内MRの悲惨さが際立ってきました。

オンコロジーの分野に関してはハラヴェン(数字では頭打ち感がありますが)とレンビマを扱っており、仕事もあるように見えます。しかしながらニューロロジー分野に関してはライセンス切れ間もない「リリカ」、大塚製薬、第一三共に歯が立たない「フィコンパ」、昔々からの薬「メチコバール」、市場自体が少ない中に競合品がある「エクフィナ」そして「ルネスタ」といったところです。ヒュミラに関してはいつ契約終了になってもおかしくない状況です。

エーザイ社内の人間も既に将来を悲観している?早期退職加速

エーザイは、今後の経営戦略を鑑みて「45歳以上で勤続5年以上の社員が対象」の早期退職者制度を実施。この早期退職の募集に300人が応じたと発表した。100人程度を見込んでいたところ3倍の応募があった。

企業側が100人応募と見込んでいたところに300人の応募がある」という事実が、エーザイがいよいよだという証明です。内部で働いている社員、しかも全盛期のエーザイに入社した優秀な社員が、この会社はやばいと感じて早期退職者制度に応募しているのです。間違いなく社内での噂なども耳にしての判断だと思います。



【人気記事】 営業車で暇な時におすすめの動画配信サービス8社を徹底比較!

【人気記事】 おすすめ転職サイトに登録して情報収集から始めてみよう!

【人気記事】 製薬業界の将来や自分の立場に不安がある人が、まずはじめにするべきこと

【人気記事】 2010年代 国内売上トップ10製品を振り返る!





-内資系大企業
-, , ,

Copyright© PharmaValue , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.