内資系中小企業

キョーリン製薬HD

  1. HOME >
  2. 内資系中小企業 >

キョーリン製薬HD

キプレス、ムコダイン、デザレックスなど呼吸器関連疾患の製品ポートフォリオを多く抱えるキョーリン製薬ですが、近年特許切れや自習回収などの問題で経営面は危機的状況です。中長期予測をご覧頂き、様々なご意見を頂ければ幸いでございます。







キョーリン製薬HDの企業研究

キョーリンHDについて

現在の経営上の課題

キョーリン製薬HDは、新薬会社の「杏林製薬」、後発品会社の「キョーリンリメディオ」、医薬品の製造担当している「キョーリン製薬グループ工場」、そして「キョーリンメディカルサプライ」の4社からなっています。

キョーリン製薬の企業評価(内部情報より)

キョーリン製薬の営業利益、収益の推移

キョーリン製薬HDのセグメント別の売上

キョーリン製薬の企業情報

キョーリン製薬の強みは、キノロン系を代表とする抗菌薬や呼吸器系疾患を中心に製品ポートフォリオを形成しております。しかしながら、現在の取り扱い製品のほとんどは外資系製薬会社からの導入品であり利益率の低さは、その営業利益率の低さ(近年10%未満)からも垣間見れます。

杏林製薬の会社概要

キョーリンHDの主要製品

現在の、注力製品は「フルティフォーム」「デザレックス」「ベオーバ」などの様です。新薬の上市がうまくいっていない中、その売上減のダメージの緩和と医薬品ビジネスとのシナジーを狙い医療機器分野への参入も2019年11月に発表されました。

主要製品の四半期別売上推移

主要製品の中長期売上(予測)

キョーリン製薬HDの開発製品

キョーリン製薬HDの国内MRに関して

様々な企業で企業研究がされていますが、ほとんどの企業研究は有価証券報告書からの情報をもとに行われいます。しかしキョーリン製薬HDの有価証券報告書に記載のある年収は、キョーリン製薬HDに勤めているごく少人数の方の平均年収です。(これは、大塚ホールディングスも同じで、大塚製薬との年収と少し乖離があるようです。)

新薬部門の杏林製薬の年収は、新薬メーカーの中では低い方ですので、気を付けてください。

営業利益率が低く長期収載品やジェネリックも扱っているので当然、給与や、インセンティブ、福利厚生も製薬業界内では低いようです。ガツガツのMRではなく結婚して旦那さんも高給であるような女性の方は他の業界よりも年収が高く、MRという時間に融通の利く職種を続けるため、良い企業かもしれません。若い男性で、奥さんは専業主婦の方はあまりお勧めしません。ノウハウを得て別の製薬会社に転職された方が良いと思われます。

【キョーリン製薬のMR】

担当者にもよると思いますが、全体的に大学病院、大病院でのプレゼンスはかなり低く開業医などではMSとも共闘して頑張っているという印象です。長期収載品やジェネリックも杏林製薬からすると貴重な利益の源泉ですので、コツコツと売上を取ってこないといけないですが、MRの方々のモチベーションの維持が大変そうです。 現状の、MR数は国内売上高に比べて多すぎると感じます。特に、特許期間が残っている製品の合計国内売上高は200億円(全体売上の約15%程度)に満たないのが現状です。早期退職者制度や、キョーリンリメディオへの異動を加速化させないと、若手や稼ぎ頭のMRの方々のモチベーションが下がっていく一方だと感じます。



【人気記事】 営業車で暇な時におすすめの動画配信サービス8社を徹底比較!

【人気記事】 おすすめ転職サイトに登録して情報収集から始めてみよう!

【人気記事】 製薬業界の将来や自分の立場に不安がある人が、まずはじめにするべきこと

【人気記事】 2010年代 国内売上トップ10製品を振り返る!









-内資系中小企業
-, , , , , , , ,

Copyright© PharmaValue , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.