内資系中小企業

協和キリン

  1. HOME >
  2. 内資系中小企業 >

協和キリン

製薬さん
こんにちわ、製薬さんです。

今日は、バイオの先駆け企業の一角である協和キリンの企業分析です。新薬開発は順調、上市した薬剤の浸透率もまずまずであり、まだまだ開発中の候補化合物が多い企業であり、向こう10年~15年は安泰な数少なき内資系製薬会社です。



YouTube解説: 最新の決算内容と将来予測



協和キリン新中期経営計画解説



協和キリンの現状

2007年に協和発酵がキリングループとの戦略的提携を発表し、キリンHDが友好的なTOB(株式公開買付け)により協和発酵の株式を取得、そして翌年に協和発酵がキリンファーマを完全子会社化し、協和発酵キリン株式会社が誕生。そして2019年に創立70周年に協和キリン株式会社と名称の変更を発表した。2018年末時点で、キリンHDが協和キリンの53%の株式を取得しており筆頭株主である。

協和キリンの経営

  • 北米の売上高確保(Crysvitaの台頭で順調!)
  • ネスプ+AGの透析領域の人脈を新薬へ活用
  • 新薬群の早期市場浸透
  • 後期フェーズの化合物での承認獲得

協和キリンの特徴(強み)

神経疾患、腎臓疾患、バイオ製剤に自社並びに導入品を交えて強固な製品ポートフォリオを組んでいるのが特徴です。

協和発酵がいち早く取り組んでいた抗体、核酸医薬の芽がそろそろ花を咲かせる気がします。

協和発酵の開発力に加え、キリンファーマの腎臓領域の人脈があるのでこれから5年~10年で大きく飛躍する内資系製薬企業の1つだと思います

協和キリンの財務データ

最新の財務データをチェックする

各エリアの全売上収益に対するシェア

製薬さん
クリースビータの台頭で海外売上比率も順調に上がってきているので理想的な状態に近づいてきていると思います。

協和キリンの主要製品

主力製品の四半期別売上推移

主要製品の売上中長期売上(予測)

製薬さん
ジーラスタ、クリースビータ、ネスプ+AGを中心に今後も売上を伸ばしていきそうだ!それ以外にも新薬をどんどん投入していきそうなので、期待できそうだね
一点心配なのは、レグパラからオケルディアへの切替が計画通り進んでいないことだね!レグパラの特許満了に伴う売上減が心配なので早めに切替を行ってしてほしいね!
MRさん

・tenapanor(KHK7791)の国内第3相臨床試験開始(2021.4.13)

・抗LIGHTモノクローナル抗体の開発、製造および販売契約(2021.3.29)

自社の製品ポートフォリオや開発パイプラインに不安がある方

ぜひ読んで!
おすすめ転職サイトに登録して情報収集しよう!

✔︎ 本記事のテーマ 製薬会社勤務の方が現状の転職市場を確認して、 現在の自分の経験値、スキルと求められる人物像のギャップを認識する事 ✔︎ 記事の信頼性 製薬さん ( @ ...

続きを見る

協和キリンのR&D

協和キリンの後期フェーズ開発製品一覧

【公式】パイプラインの詳細情報はコチラ






協和キリンに対する製薬さんの考え

 

 

製薬さん
製薬さんの協和キリンに対する意見を掲載しています。

 

 

 



【人気記事】 営業車で暇な時におすすめの動画配信サービス8社を徹底比較!

【人気記事】 おすすめ転職サイトに登録して情報収集から始めてみよう!

【人気記事】 製薬業界の将来や自分の立場に不安がある人が、まずはじめにするべきこと

【人気記事】 2010年代 国内売上トップ10製品を振り返る!










-内資系中小企業
-, , ,

Copyright© PharmaValue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.