内資系中小企業

持田製薬

  1. HOME >
  2. 内資系中小企業 >

持田製薬

こんにちは、@PharmaValueです。今回は、持田製薬をピックアップします。

持田製薬は、1913年の創立であり、既に100年以上の歴史のある製薬会社です。

発祥は東京都文京区本郷の薬局からビジネスでありました。(創業者:持田良吉 持田商会薬局)

その後も歴代の社長の多くは持田一族で占められています。今まで発売した医薬品の数は中小企業のレベルより多い気がしますが、今までどれもそこまで大型化しなかった(エパデールは400億円級になったものの)の、現在までこの規模でとどまっている大きな原因だと思います。







持田製薬の企業研究

持田製薬の経営課題

持田製薬の財務データ

 

最新の財務状況はこちらでチェック

持田製薬の重点領域

持田製薬の売上収益と営業利益

持田製薬の主要製品

主要製品の四半期別売上推移

主要製品の中長期売上推移(予測)

【持田製薬の中長期の見通し】

持田製薬の中長期の売上ですが、現状とそこまで大きく変わらないと思いますが、後発品や長期収載品、バイオシミラーの比率が上がりそうなので利益率は少し落ちそうな気がします。

中期的には、「リアルダ」「グーフィス」「モビコール」「レクサプロ」「テリパラチド(バイオシミラー)」の売上最大化をすることで将来の投資資金を得る事が最優先だと感じます。

長期収載品、後発品群は今後の厚労省の判断で、どういったシステムになるのか不透明な部分も大きいので、そこに収益の大半を頼る経営は早めに脱却したいところです。

持田製薬のR&D

持田製薬のMR


今後、テリパラチドのバイオシミラーやヒュミラのバイオシミラーを取り扱う事、精神科領域もレクサプロや、Desvenlafaxinといった抗うつ薬を取り扱い、精神科領域の伝統がある吉富さんとも一緒に活動できる。

このバイオシミラー領域と精神科領域はマーケット自体も今後上昇していく予定なので、2021年以降雲行きが怪しくなった際に転職が可能になるのでは?と考えます。しかしそれは、確実にアピールできる成果を得られたの話だと思いますが。

この点においてはどこの製薬会社にいても同様だと思います。ただ、このままの製品ポートフォリオと候補化合物、研究開発費で推移するのであれば、収益率も下がり、MRの人員整理、平均年収の低下もしくはその両方という恐怖が襲ってくるのは間違いないと思います。




【希望的観測:持田製薬とEAファーマ】

EAファーマ自体が、2016年にエーザイグループの消化器事業と味の素グループの消化器事業が統合されて発足した新しい企業ですので、統合途中の企業による合併はないと思いますが、個人的には、このEAファーマと持田製薬が合併することでお互いの企業の無駄が整理でき、より大きな会社に変革するための基盤を構築できるのではないかと考えました。まず、現在両社は「アテレック」「モビコール」「グーフィス」という3剤を共同販売しているのでこの薬剤群から得られる収益を1本化することができる。そして、EAファーマのバックについている日医工とともに持田の所有しているバイオシミラーを販売していく事でバイオシミラー事業の基盤を国内ならびにアジアで構築できると考えます。そしてそれに伴う営業部員、本社部門のスリム化による経費削減効果が期待できる。 新会社は、消化器領域とバイオシミラーならびに既存薬の新興市場、特に中国への上市拡販を主軸に行います。エーザイがメチコバールで中国より予想以上の収益を得られている事より、エパデールでも多くの収益が得られると予想できます。 そして、持田製薬もEAファーマの親のエーザイも同族会社で持田社長と内藤社長の合意で一気に話が進みそうな気がします、が、そこに味の素の意見も入ってきますので、少し話は複雑になるかもですね。 すべては、私の勝手な妄想ですので、無視して頂いて結構ですが、何か他にも持田製薬と合併しそうな候補企業があれば教えてください。



【人気記事】 営業車で暇な時におすすめの動画配信サービス8社を徹底比較!

【人気記事】 おすすめ転職サイトに登録して情報収集から始めてみよう!

【人気記事】 製薬業界の将来や自分の立場に不安がある人が、まずはじめにするべきこと

【人気記事】 2010年代 国内売上トップ10製品を振り返る!





-内資系中小企業
-, , ,

Copyright© PharmaValue , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.