グローバルファーマ

UCB(ユーシービー)

  1. HOME >
  2. グローバルファーマ >

UCB(ユーシービー)

UCBはベルギーの製薬会社で、日本に上市した薬としては「ジルテック」「イーケプラ」「シムジア」「ニュープロ」「ビムパット」があります。中枢神経系と整形領域のポートフォリオを持っている企業です。





UCBについて

経営課題

財務データ

UCBの売上推移

MR君
順調に売り上げも利益も上がってきているね。今後も右肩上がりに推移しそうだ!

UCBの主要製品

UCBの最主力3製品

主要製品の四半期別売上推移

主要製品の中長期売上(予測)


主な開発品目一覧

Bimekizumabのポテンシャルは高い!?





【UCBの中長期は好調】


現在上市済みの製品と上市が確定している製品の予想売上推移をみると、中長期もほとんど現在と同水準でありますので、しっかりと先に上市した製品の特許切れを後継品群で補っている事がわかります。この後もいくつかの製品の上市が3年以内に控えていますし、10月にRa Pharmaという企業も買収したので、そのRa Pharmaが持っていた候補化合物群が加わるので、かなり上昇気流になると思います。


【日本で成功している要因】


こちらの会社が日本市場で成功を収めている要因の1つが優れたアライアンスパートナーを持ったことです。まずは、大塚製薬です。大塚製薬と「イーケプラ」「シムジア」「ニュープロ」の国内販売の権利を譲渡する契約またはコプロ契約を行いました。のちに、大塚製薬は「シムジア」の販売権を返還しますがその後にアステラスというまたも強力なパートナーを得ました。そして、「ビンパット」に関しては第一三共とこちらも強力なパートナーを得て、薬剤の拡販に成功しております。当然、製品力もあるものを開発しておりますが、パートナーの選定も完璧な気がします。特に、大塚製薬は脳神経内科、脳神経外科での存在感は抜群で、そのパートナーにイーケプラとニュープロを販売してもらったおかげでグローバルの販売シェアと比較して国内がとても高くなっております。同じてんかん領域の薬剤である「ビムパット」も大塚製薬に任せるのかと思いきや別の第一三共に任せるという変化球を投じました。UCB社内の情報ですと同じてんかん領域の製品を扱う会社なのに、第一三共と大塚製薬に配慮するため2つの部隊があったようです。今後、日本に上市予定のBriviactはどこの会社とコプロするのか?それともここから単独販売を行うのか、注目です。




【人気記事】 営業車で暇な時におすすめの動画配信サービス8社を徹底比較!

【人気記事】 おすすめ転職サイトに登録して情報収集から始めてみよう!

【人気記事】 製薬業界の将来や自分の立場に不安がある人が、まずはじめにするべきこと

【人気記事】 2010年代 国内売上トップ10製品を振り返る!







-グローバルファーマ
-, , , , , , ,

Copyright© PharmaValue , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.